新大阪歯科衛生士専門学校

Qualification Employment

歯科衛生士のお仕事

歯科医療の現場から人々の健康や笑顔を支える
「オーラルケア」のスペシャリスト

歯や口腔環境のケアを通じて人々の健康をサポートするのが歯科衛生士の仕事。
歯科医師や歯科技工士といった専門職がチームを組んで治療をおこなう歯科医療の現場において、歯科衛生士は、チーム歯科医療の中核を担う重要な存在です。また、超高齢社会となった日本において、健康の基本である食生活を支える歯や口腔内の健康は不可欠。そのケアや健康維持の専門家である歯科衛生士のニーズはますます高まっています。

歯科衛生士の「3大業務」

  • その
    1

    歯科予防処置

    歯や口腔内の疾患を予防するための処置。「予防的歯石除去法」と「う蝕予防法」などがあります。むし歯・歯周病の予防は、治療と同様の重要性を持っており、とても大きな意義のある業務です。

  • その
    2

    歯科診療補助

    歯科医院で治療が行われる際、「歯科医師」「歯科衛生士」「歯科技工士」がチームで行動します。歯科衛生士は、歯科医師による治療が円滑に進むよう診療・診断の補助を行います。

  • その
    3

    歯科保健指導

    口腔および全身の健康のためには、口腔環境を清潔に整えることが大切。そのために、歯科衛生士が診療所や学校、保健センター等に出向いて、歯の磨き方や食事の取り方などの指導を行います。

ここが魅力!!
1. たくさんの人の健康を支える仕事
歯科衛生士は、歯科医師と同様に歯科診療の現場で患者さまの口腔内の健康を直接支える仕事です。
また、むし歯や歯周病の予防処置、保健指導も担う歯科診療の中心的役割を担っています。
2. 一生モノの国家資格
厚生労働省認可の歯科衛生士資格は、歯科分野のスペシャリストである証。確かな歯科として一生役立つことはもちろん、専門性が求められる歯科衛生士の仕事は求人ニーズも多く、結婚や出産などでライフスタイルが変わっても長く続けることができます。
3. 将来性の高い仕事
2003年に施行された健康増進法には、歯科衛生士が保健指導を行い、住民からの相談を受けるように明記されています。超高齢社会を迎えた日本において、歯科衛生士は、地域社会を支える存在感のある職業として、今後ますます必要とされる時代になっていくでしょう。
4. ますます広がる、歯科衛生士の活躍フィールド!
近年、口腔リハビリや審美歯科への関心の高まりを受けて、歯科衛生士に対する要望や期待も多様化し、そのフィールドも医療現場から介護・福祉領域までとますます広がっています。本校では、時代のニーズに応え、即戦力として活躍できる歯科医療職のエキスパートを育成します。

歯科衛生士国家試験について

「歯科衛生士」は厚生労働大臣免許の国家資格。
国家試験合格が夢の実現への最初の一歩です。
下記の内容で国家試験が実施されます。

試験科目
全9科目
  • 人体(歯、口腔を除く)の構造と機能
  • 歯、口腔の構造と機能
  • 疾病の成り立ち及び回復過程の促進
  • 歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
  • 歯科衛生士概論
  • 臨床歯科医学
  • 歯科予防処置論
  • 歯科保健指導論及び歯科診療補助論
実施方法 マークシート試験。すべて択一方式で合計220問
合格基準 配点を1問1点とし、合計220点満点のうち132点以上で合格となります。
ここが魅力!!
創設からの累計合格率は99.6%!(2016年3月実績)
徹底したサポート体制で抜群の合格率を誇ります。

本校では、3年制教育先駆校としての特長を活かした、独自の国家試験対策を実施しています。一人ひとりにあわせた試験対策と合格保証制度で、創設当時からの累計でも、合格率99.6%※と抜群の実積を誇ります。
※ 累計2016年3月実績(1,251名合格/1,256名受験)

国家試験合格サポート

ページトップへ戻る
page toppage top